筋系の生理学 Part1

筋系の生理学について、
「トートラ人体解剖生理学 Gerard J. Tortora (著), Sandra Reynolds Grabowski (著)」を参考に何回かに分けて話を進めていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
骨、関節は身体の枠組みを形成するが、それらは自力で身体を動かすことは出来ない。
動作は筋の収縮と弛緩により、筋が収縮すると筋の短縮と緊張を生じる。
筋組織は全体重の役40〜50パーセントを占め、高度に特殊化された細胞によって構成されている。
筋組織の3つの型が、骨格筋・心筋・平滑筋である。

「筋組織の型」
骨格筋は・・・
骨に付着して骨格を動かし、意識的に制御することで収縮・弛緩を行うことが出来るため随意性である。
また、細胞分裂の可能性がある細胞が少ないため、骨格筋の再生能力は限定されている。
心筋は・・・
心臓においてのみ認められ、心臓壁の大部分を形成する。
骨格筋と違い不随意性であるため、その収縮は意識的に制御できない。
心筋は再生することが出来ない
平滑筋は・・・
血管、気道、胃、腸、のような空洞をもった内蔵の壁を形成する。
不随意性(意識的に調節できない)である。
平滑筋は他の筋組織と比較して、かなり再生能力があるが、皮膚などの他の形の組織と比較した場合は、かなり低いものである。

「筋組織の機能」
5つの重要な機能をはたす。
/搬留親阿鮴犬澆世
歩く、走る、書く、うなづくといった身体運動。

⊃搬里了兩を安定させる
関節を安定させ、立ったり座ったりといった、身体の姿勢維持を助ける。
姿勢を保持する筋はヒトが覚醒している場合、連続的に収縮している。
例えば頸の筋が持続的に収縮し、頭部はまっすぐに保たれる。

Bヾ錣陵椴未鯆汗瓩垢
括約筋と呼ばれる平滑筋が持続的に収縮して、臓器の内容物の流出を防ぐ。
胃内の食物または膀胱内の尿の一時的貯蔵は、括約筋がこれら臓器の出口を閉じるためにある。

た搬瞭發琶質を移動させる
心筋の収縮は血液を送り出し、血管壁にある平滑筋の収縮と弛緩は血管の直径を調節し血流を制御する。
平滑筋の収縮は食物および他の物質を消化管を通して移動させ、生殖器系では精子や卵細胞を押し出し、泌尿系では尿を促す。
骨格筋の収縮は心臓に血液が戻る手助けとなる。

デを産生する
筋組織が収縮することで熱が産生される。
筋肉によって放出される熱の多くは、正常な体温を維持するために用いられる。
震えとして知られる骨格筋の不随意収縮は、熱産生の速度を大きく高めることで身体を暖めることに役立つ。

「筋組織の特徴」
筋組織の4つの特徴
ゞ淑垣・・・
筋組織(および神経細胞)が電気信号を生み出すことにより刺激を受け、反応する能力。
⊆縮性・・・
電気信号によって刺激され収縮(短縮かつ太くなる)する能力。
伸展性・・・
筋組織が損傷を受けることなく伸びる能力。
っ得・・・
収縮または伸展の後、元の形に戻る能力。


次回につづく


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・三段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

ブログのランキングに参加しているので、クリックしてもらえると助かります。
広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM