合気道の真髄をばらばらとまき散らし


今日も前回に続き「合気道真諦 ー大型本 – 1986/4/1 植芝 吉祥丸 (著)」
読んでいて、興味を引いた文をちょっと引用。
盛平の膂力(りょりょく)は、決して大柄な人ではなかったにもかかわらず、普通の樹木ならば根こそぎ倒してしまうほどのものであったが、加えて感受性も、人並外れて豊かであった。天啓という言葉があるが、まさにそのように、盛平は合気道の真髄をばらばらとまき散らした。現在の合気道は、植芝盛平が天啓のようにひらめく自らの直感を、折につけまき散らしたものを拾い集め、戦後私たちが理論化したものである。
合気道は、植芝盛平がその天才をもって創立したもの、即ち植芝盛平のエキスそのものである。

著者である、植芝 吉祥丸 二代目道主(植芝盛平の息子)の言葉です。
時が流れる中で、時々現れる「天才」と呼ばれる人達。
でも、その天才だけではきっと一代限りで終わってしまうのかもしれない。
その天才の技術を受け継ぎ体系づける人たちがいて初めて、広く世間に世界にまで広まるのだろうなあと思う今日この頃でした。
”ばらばらまき散らした”って表現が、二代目道主の「苦労したんだぞっ!」ていう心の声が表れてる感じがした。


コメント
コメントする








   

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・三段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

ブログのランキングに参加しているので、クリックしてもらえると助かります。
広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM