稟議書(りんぎしょ)

ちょっと堅い話ですが、
会社や官公庁で新しい物品を購入したりするときに、「稟議書」の提出を求められることがあります。
私も昔会社勤めだったので、稟議を通すなんて言葉をよく使っていました。
「稟議」??
という方も中にいると思うので、
稟議とは
会社・官庁などで、会議を開催する手数を省くため、係の者が案を作成して関係者に回し、承認を求めること。「稟議書」goo辞書より。

なんかピンときませんかねえ。
簡単に言うと、
「会社のお金を使う」など、自分の権限だけでは決定できないことについて、その内容を説明する文書を会社の上層部に回覧させ承認を得ることというとイメージしやすいですかねえ。

少額の消耗品ならそんな手間もいらない場合が多いのですが、高額の商品の場合は、部署の上長だけでなく、役員クラスの承認も得なければならない場合が多いので。

さてここで稟議書にはいったい何が書かれているのか?
稟議書には、
承認者が稟議内容を判断しやすいように、
提案目的・理由・金額・得られる効果・代替案より優れている点
などがわかりやすく記載されている必要があります。
企画書みたいな感じですかねえ。

会社のお金を使って何かを買いたいと思っても、「買いたい!買いたい!」って駄々こねるだけじゃあ稟議は通らないのですよねえ。
人を説得出来るだけの稟議書を作らないことには、決して承認は下りないのですよねえ。
なんか書いてて・・"(-""-)"


コメント
コメントする








   

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・三段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

ブログのランキングに参加しているので、クリックしてもらえると助かります。
広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM