天地投げを考察

今日の合気道稽古では「天地投げ」という技も行いました。
基本技の1つでメジャーな技なのですが、私が行ってる道場2か所ではそれ程頻繁には稽古しないように思います。
私はずいぶん悩んだ技の1つなので、色んなやり方を随分たくさん試して来ました。
さて、合気道の技の話なので道場のブログに書けばいいのですが、技術について書くと「お前ごときがっ」って思われそうなので、自分のブログに書くことにします<(_ _)>

天地投げを文章で書くと、

step1:
右相半身の構えで、受けに両手をつかませます。

step2:
つかませた両手を上下に切り分けながら後ろ足を一歩進めて入身します。右手刀をらせん状に振りかぶり(天)、左手刀を斜め下(地)に払い出します。
斬り上げる手刀を内側ではなく外側に出してしまうと、受けを崩すことが出来ないので間違わない事。

step3:
右手刀を内側に返して切り下しながら、右足を大きく踏み込みさらに入身します。
受けを懐に入れるつもりで間合いを詰める。

step4:
両手刀で切り下ろし、投げて残身をとります。

って感じです。
この説明は、合気会が出している本「もっとうまくなる合気道」と「技を極める合気道」から説明を抜粋し二つを合わせて書いています。
本一冊の説明文だと、言葉が少なすぎて良くわからなかったので二つを合わせました。

今回注目したいのはstep2の部分。
最初の脚の動きは、左足(後ろ足)を一歩進めるです。
左足を進めるためには必ず右足に重心を移す必要があります。そうしないで無理矢理左足を前に出すと、相手にもたれかかってしまいますから。
右手は「天」の側です。
天のがわは、右足に重心が乗りつ右腕を「振りかぶる(斬り上げる)」動作になります。
右腕は突き出すのでもなく上に上げるのでもなく「振りかぶる(斬り上げる)」と表現されているところが重要なポイントだと考えています。
ただ上げたり突き出したりするのと、振りかぶる(斬り上げる)動作の違いが何なのか?
木刀を持って右足前で構えて右足に重心を乗せながら振りかぶってみると良い稽古になると思います

左足はこのとき前に一歩踏み出し始めているわけですが、その時の左手(地の手)はどう動かせば良いのでしょう。
下の写真は左足が一歩踏み出たところの写真で、上に枚は植芝 充央本部道場長で一番下は三代目道主です。

左手の高さにちょっと違いがありますね。
道主の方が位置が低めです。大体どの動画を見てもこんな感じでした。
さてstep2の文章では、「左手刀を斜め下(地)に払い出します。」てなっています。
払い出し?
これも下に下げるとかじゃなくって「払い出す」と表現されているところが重要な気がします。
下げると書かずに出すと書いてるところが特に。
道主の左手は 充央氏に比べれば随分下に位置しているように見えますが、左足前で構えた時の左手の自然な位置に戻ってるだけなので、ことさら下に下げようとしていないのがわかります。
「払い出す」であって「払い下げる」ではないと言う事でしょう。

「天地投げ」を何故「上下投げ」って名前にしないのか、以前はずっと疑問に思っていましたが、天地=上下ではないと言う事だと今は考えています。

おしまい!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・弐段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

ブログのランキングに参加しているので、クリックしてもらえると助かります。
広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM