改めて凄いぞ!少林寺拳法

地元香川県の多度津に総本山のある「少林寺拳法」。
幼いころより馴染みはあったが習たことはなく、ありがちな中国の嵩山少林寺に伝わる「少林拳」と完全に混同していたぐらい。(日本の少林寺拳法と中国の少林拳は全くの別物だそうです。)
打ち、投げ、関節など何でもありの武術で、急所攻撃や対武器、対複数人への技術なども稽古体系に組み込まれている実戦向きの武術なのだろうと言うイメージでした。
凄そうだなと思う判明、スピードやパワー、フェイントなどで技をかけるのだろうと勝手に思い込んでいましたが、今回改めてみるとその技術の高さに驚かされました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・弐段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM