学ぶことはまだまだ多く

合気道稽古にて
先日の稽古でまた新たに学ぶことがあった。
合気道を始めてもう10年。
なんとなく形にはなってきて、その分最初のころよりも技の細かなところを「なんとなく」でやってしまっている所がある。
長年やってる人は流石で、そういった細かいところの動きの意味も考えて、その動きを有効に使いスムーズに受けが崩れやすいよう動いている。
技の初めから最後までその中の動きにはすべて意味があり、最後まで丁寧に技をかける事をもう一度思い出した稽古だった。
広島ブログ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
1973年香川県生れ
2007年広島県広島市安佐南区長束で整体院開業。
合気道(参段)
長束道場広島北道場で稽古してます。極意を極めるべく(^^♪
自転車
若い時は四国、九州一周など妻と一緒に行ったけど、子供が出来てからはそれも出来なくなり、代わりに子供たちととびしま海道や広島定番の錦帯橋往復などに行っています。 今では子供の自転車の修理のほうが趣味になって来てる感じ(*_*;

注意
コメントは承認後に公開。

カテゴリー

ブログ表示

表示スマホ版へ

                 

ブログ内検索

        

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< 2020年11月 >>

関連サイトへのリンク

        

月別まとめ

others

プロフィール

  

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM