子どもの動きがピカイチ

宮城県の合気道道場の稽古の様子を映した動画です。
小学生の子供たちの動きがすごく良いですねえ。
凄く上手で、普段良い稽古をつけてもらってるのがよくわかります。


天地投げを考察

今日の合気道稽古では「天地投げ」という技も行いました。
基本技の1つでメジャーな技なのですが、私が行ってる道場2か所ではそれ程頻繁には稽古しないように思います。
私はずいぶん悩んだ技の1つなので、色んなやり方を随分たくさん試して来ました。
さて、合気道の技の話なので道場のブログに書けばいいのですが、技術について書くと「お前ごときがっ」って思われそうなので、自分のブログに書くことにします<(_ _)>

天地投げを文章で書くと、

step1:
右相半身の構えで、受けに両手をつかませます。

step2:
つかませた両手を上下に切り分けながら後ろ足を一歩進めて入身します。右手刀をらせん状に振りかぶり(天)、左手刀を斜め下(地)に払い出します。
斬り上げる手刀を内側ではなく外側に出してしまうと、受けを崩すことが出来ないので間違わない事。

step3:
右手刀を内側に返して切り下しながら、右足を大きく踏み込みさらに入身します。
受けを懐に入れるつもりで間合いを詰める。

step4:
両手刀で切り下ろし、投げて残身をとります。

って感じです。
この説明は、合気会が出している本「もっとうまくなる合気道」と「技を極める合気道」から説明を抜粋し二つを合わせて書いています。
本一冊の説明文だと、言葉が少なすぎて良くわからなかったので二つを合わせました。

今回注目したいのはstep2の部分。
最初の脚の動きは、左足(後ろ足)を一歩進めるです。
左足を進めるためには必ず右足に重心を移す必要があります。そうしないで無理矢理左足を前に出すと、相手にもたれかかってしまいますから。
右手は「天」の側です。
天のがわは、右足に重心が乗りつ右腕を「振りかぶる(斬り上げる)」動作になります。
右腕は突き出すのでもなく上に上げるのでもなく「振りかぶる(斬り上げる)」と表現されているところが重要なポイントだと考えています。
ただ上げたり突き出したりするのと、振りかぶる(斬り上げる)動作の違いが何なのか?
木刀を持って右足前で構えて右足に重心を乗せながら振りかぶってみると良い稽古になると思います

左足はこのとき前に一歩踏み出し始めているわけですが、その時の左手(地の手)はどう動かせば良いのでしょう。
下の写真は左足が一歩踏み出たところの写真で、上に枚は植芝 充央本部道場長で一番下は三代目道主です。

左手の高さにちょっと違いがありますね。
道主の方が位置が低めです。大体どの動画を見てもこんな感じでした。
さてstep2の文章では、「左手刀を斜め下(地)に払い出します。」てなっています。
払い出し?
これも下に下げるとかじゃなくって「払い出す」と表現されているところが重要な気がします。
下げると書かずに出すと書いてるところが特に。
道主の左手は 充央氏に比べれば随分下に位置しているように見えますが、左足前で構えた時の左手の自然な位置に戻ってるだけなので、ことさら下に下げようとしていないのがわかります。
「払い出す」であって「払い下げる」ではないと言う事でしょう。

「天地投げ」を何故「上下投げ」って名前にしないのか、以前はずっと疑問に思っていましたが、天地=上下ではないと言う事だと今は考えています。

おしまい!


東京都の小池さん 大丈夫なの?

最近ニュースでやってるように、東京都は車の急発進防止装置の購入費を九割補助始めたらしい。

テレビで紹介してる装置は走行時の急加速を防止するものではなく、停車からの発進時の踏み間違い防止装置だから、ここ最近の走行時の悲惨な事故は防げないんだよなあ。

アクセル踏む構造から横にスライドさせる構造にかえる外付けの装置を見たけど、あれが1番良さそう😁

これも補助対象なのだろうか?

ちょっと心配なのは、この補助のせいで、十分な対策にならない装置を着けて「これで大丈夫」と勘違いして、せっかくゴールデンウィーク以降急増した東京都の免許返納者の増加の流れを止めてしまうんじゃないかってこと。

まあ、東京都の話なので私にゃあまり関係ないけど、小池さん 大丈夫なの?





数年ぶりの「秋せつら」

学生の頃大好きでずっと読んでいた菊地秀行の作品。

魔界都市ブルースシリーズを本屋で見かけ、久々に読んでみたくなって、図書館で探しました。

主人公の秋せつら。見えない糸を武器に魔界都市新宿で活躍。

ドクターメフィストも登場するので、二人の関係性もまた魅力の作品です。

昔と同じくワクワク出来るのか?それとももう面白く感じなくなっているのか?

読んでからのお楽しみです。




アベンジャーズ エンドゲームに大満足

「アベンジャーズ エンドゲーム」見ました。
約3時間の長編。
前作と続けて一気に見ると良いのですが、前作の「インフィニティウォー」も3時間近くあるから、合わせて一気見するとぶっ倒れそうです。
でも贅沢かも。
内容はかなり展開も早く、「おいおい!」ってところもありますが、この時間内にこれだけの内容をと出演者たちのエピソードも交えて作った映画としては、相当良くできていました。
エンドゲームの展開は、正直予想していた範囲を超えることはありませんでしたが、やっぱり作り方が上手いのと、なんか「大団円♪!(^^)/」て感じに最後はなってて、映画見終わったなあって言う満足感が湧きました。
そうそう、「キャプテン・マーベル」を見てなかったので、ちょっと話が分からないところがいきなりあったので、先に見ておくことをお勧めします。


合気道情熱がまもなく鎮火か・・



前回書いたように、ここ最近の合気道熱がまだ継続中で、
今日の稽古でも、久しぶりに熱が入ってしまいました。
でもチョッとヒートアップして来て、白帯の人に多くアドバイスし過ぎてしまったように思います。
実は全く同じ意味の事を技やシチュエーションによって言い方を変えているだけなのですが、白帯の人にはそれがわからないのが普通です。
その為、アドバイスをし過ぎると、別の事をいくつもアドバイスされていると勘違いして、パニックになってしまいます。
反省です。
だいたい言いたいことを一割ぐらいに抑えておけば丁度いいのですが。

とかなんとか書いているうちに燃焼していた合気道熱も少し鎮火してきてしまいました。
3日以上は続いたので良い方でしょうか。

明日は今のところさほど忙しくないので、時間が空いたら「とうかさん」にでも行こうかな。


| 1/180PAGES | >>

表示タイプ変更 スマホ版



自己紹介

profilephoto整体の安穏亭 院長
'73年香川県生まれ
'07年開業し現在も直す技術を研究中。
*コメントは承認後公開
趣 味)
合気道・・・弐段。武術を通して身体操作の原理を研究。
自転車・・・四国、九州一周、しまなみ海道は妻と。とびしま海道は子供達と。

カテゴリー

広島ブログリンク

広島ブログ
                 

アイテムBox

---AccessCounter---
累計:
本日:
昨日:
-----------------------

【ブログ内検索】
        

最新記事

関連サイトへのリンク

        

最新コメント

月別まとめ

others

プロフィール

Search

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM